ヒヨドリソウとフジバカマ


 

クリックで救える命がある。

 ヒヨドリソウとフジバカマは同じ仲間の植物ですが、その生活環境の違いでフジバカマは種の存続が危ぶまれています。
 山野の広い範囲に適応できるヒヨドリソウは、口丹波のどこへ行ってもよく見かけます。一方河原や湿地を好むフジバカマは河川工事や乱獲により、今では環境省のレッドデータブックの準絶滅危惧種(NT)に指定されています。
 ヒヨドリソウとフジバカマは秋に花が咲き、フジバカマは秋の七草の一つで平城、平安の時代から親しまれ
ていました。口丹波では京丹波町の「わち山野草の森」と亀岡市の大本教内花明山植物園でフジバカマを見ることができます。


ヒヨドリソウ1

ヒヨドリソウ


フジバカマ1

フジバカマ(KBS京都 敷地内で撮影)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

ヒヨドリソウ(キク科ヒヨドリバナ属)
 ヒヨドリバナとも呼ばれます。ヒヨドリが山から里へ下りて来る時期に開花するのでこの名がついたということです。背丈は1mを超すものもあります。フジバカマ同様糸のように細い花びらを無数につけた白く可憐な花を多数咲かせます。

フジバカマ(キク科ヒヨドリバナ属)
 花はヒヨドリソウに似ていますが、色は淡い赤紫になります。万葉集の歌にも登場し、古くから貴族たちに好まれていた野草です。京都では「守ろう藤袴プロジェクト」が推進されています。


テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク