ナギナタコウジュとハナワラビの仲間

このページでは野草のナギナタコウジュとシダ植物のハナワラビの仲間3種の動画を掲載しています。

カート


 ナギナタコウジュはシソ科の一年草で、秋に花穂を出して、淡紅紫色の小さな花をたくさん咲かせます。そしてその花穂の様子から「長刀」が連想されたようです。山地の渓流沿いから山麓の草地まで、口丹波地域には広く分布しています。



ナギナタコウジュ(2017年10月 南丹市)


 次はシダ植物で、3種類を1本の動画にまとめました。それは冬緑性のフユノハナワラビとアカハナワラビ、半常緑のオオハナワラビの3種です。



ハナワラビの仲間(2017年10月 京丹波町ほか)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 フユノハナワラビは明るい平地の野原に多く、よく草刈されて背の高い植物が無いような場所で見つかります。対してオオハナワラビとアカハナワラビは山地のやや薄暗いような場所を好む性質があります。京都府内にアカハナワラビは少なく絶滅危惧種に指定されていますが、アカハナワラビはオオハナワラビの群生地などで稀に見つかることがあります。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク