ミヤマハハソ

このページでは樹木のミヤマハハソを掲載しています。

カート


 ミヤマハハソとは変わった名前の樹木ですが、ハハソというのはコナラの別名なのだそうです。ミヤマハハソはコナラとは縁もゆかりもありませんが、その葉がコナラの葉に似ていて山に自生しているためにこのような名前が付いたようです。

 ミヤマハハソは、山地の渓流が流れるような谷間で見ることができます。


ミヤマハハソ

ミヤマハハソの葉・表側(2013年6月 右京区京北)


ミヤアマハハソ

ミヤマハハソの葉・裏側(2013年6月 右京区京北)


 葉には両面に毛が生えていました。

 右京区京北で見た時は、枝先からブドウの房のような円錐花序を垂らしていましたが、まだ開花していませんでした。


ミヤマハハソ

ミヤマハハソの花序・ツボミ(2013年6月 右京区京北)


 その後、今度は南丹市の、やはり渓流沿いでこの木を見た時には、ポツリポツリと開花が始まっていました。


ミヤマハハソ

ミヤマハハソの花序(2013年6月 南丹市)


 花は淡黄緑色で、ツボミの時とたいして感じは変わらない地味な花でした。


ミヤマハハソ
ミヤマハハソの花序(2013年6月 南丹市)

 しかし山で出会えると、少し嬉しくなる木です。枝先だけを見ると、なんだかツル性の樹木のような感じがするけど、実際はツル性でない。個人的にはこんなところが気に入りました。
 花後、晩夏にはこの花序に果実を結びます。次は果実も見てみたいと思っています。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ミヤマハハソ(アワブキ科アワブキ属の落葉小低木)
 樹高は3mまで。本州、四国、九州の山地に生え、口丹波では谷沿いで時々見かけます。花期は6-7月頃。
 地味な樹木なので庭木には不向きだと思いますが、何種類もの木々が生い茂る山中でも、しっかりと個性を主張している面白い樹木です。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク