大槻並の素盞鳴神社

このページでは亀岡市西別院の素盞鳴神社を紹介しています。

FC2


 大槻並の素盞鳴(すさのお)神社を訪ねたのは今年3月中旬のことです。素盞鳴神社のある西別院町は北摂地域に近い、旧丹波国の南端に位置する山間の町で、その中でも大槻並地区は深い谷間の最奥にある戸数も少ない集落です。
 西別院町や東別院町、またその周辺には素盞鳴神社が多くあります。素盞鳴神社は神仏習合時代には牛頭(ごず)天王を祀っていた神社で、いわゆる祇園さんです。
 大槻並の素盞鳴神社は多田満仲(源満仲)によって建立されたと伝わります。別院地域では多田満仲が建立したと言われる素盞鳴神社は他でも見られます。

 素盞鳴神社は曹洞宗・極楽寺の裏山の中腹にありました。


素盞鳴神社

素盞鳴神社 参道(2012年3月)


 山の中腹といっても、ほんの少し上れば境内に着きます。


素盞鳴神社

素盞鳴神社 社頭(2012年3月)


 鳥居を潜り、石段を上れば本殿です。


素盞鳴神社

素盞鳴神社 本殿覆屋(2012年3月)


 境内はきれいに清掃されていて、枯れ葉や木の枝などが落ちていない気持ちの良い空間でした。
 覆屋の外から一間社の本殿を覗き見ることができます。横から見た時、流造の屋根に大きな傷みがあり、少し残念に思えました。


素盞鳴神社

素盞鳴神社 本殿覆屋(2012年3月)


 境内には末社が1社祀られていましたが、社名や祭神は判りませんでした。


素盞鳴神社
名前の不明な末社(2012年3月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



素盞鳴神社
 住所: 亀岡市西別院町大槻並畑見1
 駐車スペースはあります。
 御祭神は素盞鳴命、天照大神、応神天皇
 創建等の由緒は不明。承平年間(931~938年)に建立されたと伝わります。
 大槻並の槻はケヤキを指し、昔当地には大きなケヤキが多かったのが地名の謂われだそうです。神社の森はケヤキではなく植林された針葉樹の森でしたが、日光が適度に差し込み清々しい気分になれました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク