マムシグサ


 茎(実際は茎ではないそうです)の部分の模様と、花に見える仏炎包(ぶつえんほう)と呼ばれる部分の見た目が毒ヘビのマムシに似ていることでこの名がついたそうです。仏炎包は緑色紫色のものがよく見られるそうです。


マムシグサ

マムシグサ  南丹市の森林にて


クリックで救える命がある。

 管理人は山林でこの植物を見つけましたが、特に山地にのみ自生するものではないようです。マムシグサを含むテンナンショウ属の植物は、国内に30種類ほどあって管理人のような素人には見分けることは困難です。下の写真の植物もテンナンショウ属と思われますが、葉の形状がマムシグサとは少し違うような気がします。もし詳しい方がご覧になって、マムシグサと違うものであれば、植物名を教えていただければありがたいです。


マムシグサ

マムシグサ??   亀岡市の森林にて


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

マムシグサ(サトイモ科テンナンショウ属)
 園芸植物のカラーと同じサトイモ科の植物で、カラーのように球根を持ちます。一見食虫植物のウツボカズラを連想させるような植物で、実際この花(雌花)の中に入った虫が出られなくなり、花の中から多くの虫の死骸が出てくることがあるそうです。しかしマムシグサは昆虫を溶かして養分を吸い上げるためではなく、受粉のために捕えているのだそうです。

-PR-
   

 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク