ミヤコヤブソテツ

このページではシダ植物のミヤコヤブソテツを掲載しています。

カート


 ミヤコヤブソテツは京都所縁の名前が付いていますが、京都府では絶滅危惧種にランクされるほど希少なシダ植物です。口丹波地域内では、これまで南丹市で1ヶ所の生育地を探し当てましたが、今回初めて歩いた亀岡市の山地の谷沿いでも見つけることができました。


ミヤコヤブソテツ

ミヤコヤブソテツ(2017年4月)


 谷筋でも、ほんの一角にのみ生育していて、南丹市と同様にヒメカナワラビ(あるいはオオキヨズミシダ)と一緒に見られました。


ミヤコヤブソテツ

ミヤコヤブソテツ(2017年4月)


 ミヤコヤブソテツはヤマヤブソテツと似ています。特徴は頂羽片が小さく、羽片は刀状で表面の色が白緑色を帯びることで、慣れると姿を見ただけで判別可能です。

 また羽片の裏側につく胞子嚢群の包膜の中心が眼のように黒褐色をしていることも特徴です。ヤマヤブソテツの包膜は中心も灰白色をしています。


ミヤコヤブソテツ

ミヤコヤブソテツの包膜(2017年4月)


 今は新葉が展開する時期で、瑞々しい新しい葉が次々と出ていました。


ミヤコヤブソテツ
ミヤコヤブソテツのフィドルヘッド(2017年4月)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



ミヤコヤブソテツ(オシダ科ヤブソテツ属の多年草)
 本州から九州にかけて分布しています。山地の空中湿度の高い沢沿いなどに生育します。また好石灰岩植物と考えられていて、そのため同じような性質のヒメカナワラビのようなシダと一緒に生えていることが多いようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

「せつぶん草まつり」2017

南丹市日吉町で催された「せつぶん草まつり」で見学したセツブンソウを掲載しています。

カート


 3月4日と11日(昨日)の土曜日に、日吉町中世木地区で催された「せつぶん草まつり」を見学してきました。


セツブンソウ

セツブンソウ(南丹市)


 セツブンソウは「春の妖精」と呼ばれる早春植物の1つで、小さな花が栗園の林床に無数に咲いていました。


セツブンソウ

群生するセツブンソウ(南丹市)


 好石灰岩植物と考えられているセツブンソウは、植栽してもなかなか育ってくれません。当地の土壌はセツブンソウの生育に適した石灰岩を含んでいるのでしょう。京都府では絶滅危惧種に指定されていて、これほどの群生地は少ないと思われます。


セツブンソウ
セツブンソウの花(南丹市)

 しかも当地のセツブンソウは普通紫色の雄しべの葯が白色で、素心と呼ばれる色変わり品です。

 今年は動画も撮ったので、よかったらご覧下さい。(手ブレしまくりですが( ̄^ ̄)ゞ



セツブンソウ(動画)


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 中世木地区では「中世木せつぶん草を守る会」を中心に、地域ぐるみで保護活動をし、こうした村おこしのイベントを毎年開催されています。いつまでもここにいてほしい春の妖精たちです。

 セツブンソウはホームページのコチラのページにも置いています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

10月に出会った花(2)

このページでは今年の10月後半に出会った花を掲載しています。

FC2


 前回の記事の続きで、10月15日以降に山野で出会った主な植物です。山野と言っても、今はマツタケのシーズンなので入山できません。殆ど山麓の棚田周辺を歩いていました。


ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ(2016年11月 京丹波町)


 ヤマラッキョウの花は初めてです。是非会いたかった花の1つで、想像していた通り美しい花でした。


サンインヒキオコシ

サンインヒキオコシ(2016年10月 南丹市)


 サンインヒキオコシはこれまで何度も出会っていたと思います。しかし画像に残しても、すべてアキチョウジのファイルに入れていて、ずっとアキチョウジと誤認していました。上の画像のサンインヒキオコシは、アキチョウジとの違いが判ってから初めて出会ったものです。


ウメバチソウ

ウメバチソウ(2016年10月 産地は非公開)


 ウメバチソウも探し出せたらいいなと思っていた花で、予想もしていなかった場所で見つかり驚きました。この植物は現在ニシキギ科に含まれています。可愛い草姿でよく盗採されるようなので産地は伏せておきます。京都府では絶滅危惧種となっています。


ヤマジノギク
ヤマジノギク(2016年10月 京丹波町)

 ヤマジノギクは野菊の仲間の中では大輪の花をつけます。しかし一稔性の植物のようで、開花結実後に枯れてしまいます。ヤマジノギクも京都府内では希少種で、2002年版RDBから絶滅危惧種にランクされています。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 現在、上記の植物はホームページにもアップしています。よろしければ、そちらもご覧下さい。

    ヤマラッキョウのページ  サンインヒキオコシのページ  ウメバチソウのページ  ヤマジノギクのページ

 それから、前回のブロブでは間に合わなかったシソクサのページもアップできているので、よければそちらもどうぞ。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

10月に出会った花と植物

このページでは今年の10月に出会った花とシダ植物を掲載しています。

カート


 10月も半ばとなり、山野で出会う花では白色の野菊の仲間たちや、黄色いアキノキリンソウ、ヤクシソウといったキク科植物が多くなってきました。そのような中でも、今年は初めて出会った植物も数種類あって、現時点までは結構充実しています。


シソクサ

シソクサ(2016年10月 京丹波町)


 シソクサは水田雑草と呼ばれる湿生植物の1つで、京都府絶滅危惧種ですが、特に府中部から南部にかけては少ないようです。


スイラン

スイラン(2016年10月 京丹波町)


 シソクサの生育する湿田周辺にスイランも花をつけていました。スイランもまた京都府絶滅危惧種で府内では希少種です。画像のスイランが生えている場所から数百メートル離れた場所でも、本種の生育が確認できました。またその一帯では、ほかにもウリカワやアブノメ、オミナエシといった府のRDBに記載された植物も見つかっています。


ミツバベンケイ

ミツバベンケイソウ(2016年10月 右京区京北)


 ミツバベンケイソウは府準絶滅危惧種ですが、口丹波地域には比較的多く生育しています。花は結構長く見られますが、一見同じような場所に生えるオトコエシとよく似ているため、見過ごすことも多いと思います。


イヌセンブリ

イヌセンブリ(2016年10月 南丹市)


 イヌセンブリは全国的にも数が少なく、京都府でも絶滅危惧種に指定され、自生地の数も少ないそうです。今月は当地で2ヶ所目の自生地が見つかりました。


ビロードシダ
ビロードシダ(2016年10月)

 ビロードシダは派手なシダではありませんが園芸植物としての需要が高いそうなので、自生地情報は非公開としました。このシダも府絶滅危惧種で府内では数が少ないようです。見た目はよくあるノキシノブに似ていますが、ヒトツバに近いシダ植物です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 現在、上記の植物でシソクサ以外はホームページにもアップしています。よろしければ、そちらもご覧下さい。

    スイランのページ  ミツバベンケイソウのページ  イヌセンブリのページ  ビロードシダのページ

 これから秋も深まり、野草の花も徐々に少なくなっていきます。あと何種類の植物に出会えるか判りませんが、歩ける時には精力的に歩こうと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

サワギキョウ

このページでは野草のサワギキョウを掲載しています。

FC2


 10月に入って早々、また一つ出会って見たいと思っていた花と出会うことができました。それはサワギキョウです。


サワギキョウ

サワギキョウ(2016年10月 南丹市)


 サワギキョウは名前の通りキキョウ科ミゾカクシ属の植物ですが、この属は独立したミゾカクシ科とされることがあり、「京都府自然環境目録」では後者とされています。


サワギキョウ

サワギキョウの花(2016年10月 南丹市)


 確かに花の形はミゾカクシとよく似ています。


ミゾカクシ

ミゾカクシの花(2014年7月 南丹市)


 ミゾカクシは背が低く、地面近くに花をつけますが、こうして見るとよく似ています。そしてキキョウやその仲間の花とは、随分違った形です。

 サワギキョウの茎は直立して枝を分けません。草丈の高いものでは100㌢ほどになります。


サワギキョウ
サワギキョウ(2016年10月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 サワギキョウは山間部の湿地に生え、京都府内では開発などで数が減っています。府デッドデータブックでは準絶滅危惧種にランクされ、口丹波地域でも出会う機会の少ない植物です。今回見つかった自生地では、山から水が滲み出し、地面にはオオミズゴケがマット状に生え、近くにはタムラソウも見られました。

 サワギキョウはホームページにもページ(サワギキョウ)をつくっています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク