動画・コケイラン

このページでは花期を迎えたコケイランの動画を掲載しています。

FC2


 コケイランは小さな植物ではありませんが、葉は細く、花茎も何か頼りなさそうで繊細な感じのする地生ランです。


コケイラン

コケイラン(2017年5月 京都市右京区京北)


 コケイランは主に山地の林道沿いや林縁に生育しています。花が終わると新しい葉が出て、葉は常緑で冬を越し、花期が近づくと枯れ始めます。山では、葉を失くして花茎だけの姿で咲くコケイランもよく見かけます。



動画・コケイラン(2017年2月~5月 京都市右京区京北)

 動画の再生時間は約2分15秒です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 コケイランは見た感じは少しエビネに似ていますが、エビネはエビネ属、コケイランはコケイラン属でそれほど近縁ではないようです。京都府では数が少なくて、2015年版府のRDBでは絶滅危惧種にランクされました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

動画・春の草花3本立て

このページではフデリンドウ、ホタルカズラ、カヤランの動画を掲載しています。

カート


 4月下旬から今日までにアップロードした野草(春の花)の動画を3つ掲載します。アップロード順に最初はフデリンドウの花の動画です。



フデリンドウ(南丹市)


 フデリンドウは陽当たりの良い、やや乾燥した場所に生育する小さなリンドウ科の草本です。しかし植林されたスギ林の林床のような湿り気の多い半日陰地でもよく見かけるので、結構適応範囲は広いように思えます。



ホタルカズラ(南丹市)


 ホタルカズラも陽当たりを好む草本で、口丹波地域では非常に稀な植物です。動画の生育地も周囲の樹木が大きくなってきて日陰が増え、先々消滅する可能性が高くなってきているように感じています。



カヤラン(右京区京北)

にほんブログ村 花ブログへ



 カヤランは着生ランで、主にスギやサクラなどの樹幹で見ることができます。山間部の谷筋のような夏でも涼しく、空中湿度の高い場所が適地で、動画中のカヤランが着生した樹木が生育しているのは、ヤマトミクリが群生する山間の湿地です。カヤランの花は今が一番の見頃を迎えています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

今回も動画

このページでは最近撮影した野草や生き物の動画を掲載しています。

カート


 かれこれ1ヶ月ほど更新をサボってしまいました。毎年この時期はバタバタするとは言え、これだけ間隔をあけたのは反省しなければなりません。

 特に動画に凝っているわけではありませんが、今回も動画です。この1ヶ月ほどの間に撮って投稿した動画をご覧下さい。



クラガリシダ(南丹市)


 クラガリシダは谷間で空中湿度の高い場所の古木に着生するシダで、京都府では絶滅寸前種にランクされている希少植物です。しかし撮影した谷では比較的多くの木に着生していて、しかも1本に10株以上も着いている古木も見られました。


クラガリシダ

クラガリシダ(南丹市)


 同じ南丹市ですがまったく違った場所で写したクラガリシダの画像です。この場所は谷の入口で、開けた場所に1本だけ佇む木の幹にクラガリシダの大株が着いていました。これほど明るい場所でこのシダを見つけたのは初めてです。近くで見られる植物では、オオイワカガミ、ナツエビネ、チシマネコノメ、セリバオウレンなどがありました。



シロバナネコノメソウ(京丹波町)


 シロバナネコノメソウは口丹波地域には山地に広く生育していますが、ここでは平地に自生しています。同じ場所にはコガネネコノメソウ、イチリンソウ、ニリンソウ、ユキワリイチゲ、少し離れてアマナが生育していて、私はここをよく訪ねます。



由良川源流域の生き物たち(南丹市)


 由良川や桂川の上流へ行くと水が美しく、支流も合わせるといくつもの渓流があります。思わず水中カメラで撮影した映像の中にはオオサンショウウオ、アマゴ、オヤニラミなどの生き物たちが映っていました。豊かな自然の感じられる水中の映像で、4分と少し長い動画ですが、生き物好きの方なら飽きずにご覧いただけると思います。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 この他、亀岡市の神社を2社ほど撮っていますがまだ未編集で、近いうちに公開できればと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

バイカオウレンとユキワリイチゲ

このページではバイカオウレンとユキワリイチゲの画像と動画を掲載しています。

FC2


 先週は早春に咲くバイカオウレンとユキワリイチゲの自生地を訪ね、画像と動画を撮ってきました。


バイカオウレン

バイカオウレン(2017年3月 京丹波町)


 今はまだ雪が解けたばかりで、花数は少なかったのですが、凛とした空気の中で咲く花はとても可憐でした。



バイカオウレン(2017年3月 京丹波町)


 天気の良い日にユキワリイチゲの自生地を訪ねると、そこでは多くの花を見ることができました。


ユキワリイチゲ
ユキワリイチゲ(2017年3月 京丹波町)

 ユキワリイチゲは晴れた日にだけ花が平開します。



ユキワリイチゲ(2017年3月 京丹波町)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 この仲間にはキクザキイチゲやアズマイチゲといったものがあり春植物と呼ばれますが、ユキワリイチゲは前年の10月頃には葉を展開するので、正確には春植物(スプリング・エフェメラルとか春の妖精と呼ばれます)には該当しません。しかしまだ緑も花も少ない早春に開花してくれる貴重な植物です。

 バイカオウレンとユキワリイチゲはホームページにも置いています。

 ホームページのバイカオウレンのページ

 ホームページのユキワリイチゲのページ


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

幡日佐・氷室両神社

このページでは南丹市の幡日佐・氷室両神社を動画で紹介しています。

カート


 京都府南丹市八木町氷所の氏神幡日佐・氷室両神社は、式内社の幡日佐神社と氷室神社が合祀された神社です。幡日佐神社の祭神は品陀和気命(応神天皇)で、口丹波に鎮座する延喜式内社の中で応神天皇を祀るのは当社と亀岡市の宮川神社の2社だけだと思います。幡日佐神社の創建は和銅年間(708-715)と伝わり、当時から大和政権とつながりがあったと考えられているようです。


幡日佐・氷室両神社(2017年2月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 幡日佐・氷室両神社の詳細に興味のある方は管理人のホームページ「口丹波の社」内の幡日佐・氷室両神社までお越しください。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク