スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月に撮ったスミレ類

このページでは今年4月に撮影したスミレ類6種の動画を掲載しています。

カート


 今春撮影したスミレ類を撮影順に揚げていきます。

 最初はヒナスミレです。



ヒナスミレ(2018年4月 右京区京北)


 ヒナスミレは比較的早い時期に開花するスミレで、4月中旬の撮影でしたが、既に花が終わった個体が多く見受けられました。



スミレ(2018年4月 南丹市)


 狭義のスミレです。スミレ類には非常にたくさんの種類があり、それらを総称してスミレと呼ぶことがありますが、その中でスミレという種名をもらっているスミレです。



シハイスミレ(2018年4月 京丹波町ほか)


 山地性で京都府内の山ではごく普通に生育しているスミレです。動画では標準タイプのほか葉に白斑の入ったものや、花期に葉の表面が黒っぽくなるものも紹介しています。



アリアケスミレ(2018年4月 南丹市)


 田畑周辺に多いアリアケスミレです。繁殖力旺盛で、今では自宅の庭にも多く生えています。



ノジスミレ(2018年4月 南丹市)

 こちらも田畑周辺で群生するノジスミレです。花に強い芳香のあるものが多く、秋にもよく返り咲いています。



フイリフモトスミレ(2018年4月 亀岡市)


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 花は小振りですが葉がとても美しいフモトスミレの斑入り種です。フモトスミレは京都府では希少種で、府の準絶滅危惧種にランクされています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

セリバオウレンとヤマシロネコノメ

このページでは早春に開花するセリバオウレンとヤマシロネコノメの動画を掲載しています。

FC2


 セリバオウレンは山麓の道端や林の中で群生するキンポウゲ科の植物で、早春に白色、稀に淡紅色の小さな花が咲きます。年によっては2月中旬頃から花茎をのばすこともありますが、今年は寒かったせいで若干遅い開花となりました。


セリバオウレン

セリバオウレン(2018年3月 京丹波町)


 セリバオウレンは雌雄異株で、雄花をつける個体と両性花をつける個体があります。



セリバオウレン(2018年3月 京丹波町)



 ヤマシロネコノメは京都府にだけ自生するネコノメソウで、トウノウネコノメの変種と言われています。京都府内にはよく似たコガネネコノメソウも自生していて、両者は生育環境もよく似ています。コガネネコノメソウの雄しべの葯は花から飛び出していませんが、ヤマシロネコノメの黄色い葯は花から突出しています。



ヤマシロネコノメ(2018年3月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 ヤマシロネコノメは京都府中部以南に局所的分布をしていて、府の絶滅危惧種に指定されています。山地の湿潤な場所に生え、府内のネコノメソウ属の中では最も早く花を咲かせるものの1つです。それでもやはり今年の開花は少し遅いように感じました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ホラシノブとイノデ

このページでは最近アップロードしたシダ植物のホラシノブとイノデの動画を掲載しています。

カート


 ホラシノブもイノデも、口丹波地域の山間ではごく普通に出会う常緑のシダで、やや乾燥した場所ではホラシノブ、湿った谷間ではイノデをよく見かけます。


ホラシノブ

ホラシノブ(2018年2月 南丹市)


 ホラシノブは普通群生していて、陽当たりの良い場所に生育する個体の冬の葉は、赤味を帯びていることが多いです。



ホラシノブ(2018年2月 南丹市)



 イノデは葉柄や中軸に鱗片が密生していて、まさにゴワゴワしたイノシシの腕(猪手)のイメージにピッタリです。しかし最近は、エサの少ない冬場にシカに食べられることが多くなったように思えます。



イノデ(2018年2月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 京都府内に自生するイノデ類には何種類かありますが、動画に撮ったイノデの近くにはサカゲイノデも1株だけ生えていました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

安栖里金刀比羅神社と廃墟・鐘打鉱山跡

このページでは京丹波町の安栖里金刀比羅神社と鐘打鉱山跡の動画を掲載しています。

カート


 京都府船井郡京丹波町の旧和知町にある鐘打鉱山では、大正時代からタングステンや錫が採掘され、最盛期には相当な賑わいがあったようです。しかし現在は閉山され、坑道入口はブロックなどで塞がれています。
 明治元年創建の金刀比羅神社は、安栖里、小畑、中山の3地区住民の崇敬社で、「命(長寿)の神様」として現在も参拝者が絶えません。鉱山と隣接して鎮座し、どうしてこのような参拝に不便な山中に神社が建立されたのか、事情は知りませんが、どっしりとした大きな社殿です。



金刀比羅神社と鐘打鉱山跡(2018年2月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



 金刀比羅神社の祭神大物主命(おおものぬしのみこと)は大国主命と同神とされ、金刀比羅神社は海運の神として、河川を利用して主に木材を輸送していた口丹波地域において、広く信仰されていたようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

イヌチャセンシダ、トウゲシバとミツデウラボシ

このページでは最近アップロードした3種類のシダの動画を掲載しています。

カート


 イヌチャセンシダはチャセンシダとそっくりな常緑性シダですが、中軸の裏面に翼が有り、チャセンシダには有りません。また生育地は湿り気の多い半日陰で、チャセンシダのように明るい場所ではほとんど見かけません。



イヌチャセンシダ(2017年11月 南丹市)


 トウゲシバには葉の幅によって3つのタイプがあるようです。動画では幅2~3mmのヒロハトウゲシバと、幅2mm以下のホソバトウゲシバの2タイプを紹介しています。どちらも口丹波地域に多く自生しているタイプです。



トウゲシバ(2018年1月 南丹市・同年2月 亀岡市)


 ミツデウラボシはウラボシ科の常緑性シダで、明るく乾いた山の岩壁や、林道沿いの石垣などで普通群生しています。よく発育した葉の葉身は3裂しますが、裂けない葉や、ごく小さく裂けた葉が混じっています。


ミツデウラボシ

群生するミツデウラボシ(2018年2月 南丹市)


 このシダは、他の植物が生育しにくい場所に適応した植物です。



ミツデウラボシ(2018年2月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 トウゲシバやミツデウラボシは種の同定がし易く身近なシダなので、シダを知る入門種的なシダだと思います。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。