「イワタバコ」と「小アユの群れ」動画2本

このページでは「イワタバコ」の花の動画と「小アユの群れ」の水中撮影動画を掲載しています。

FC2


 直近にアップした動画2本です。

 最初は山地の湿った岩場で、花期を迎えたイワタバコ。



イワタバコ(2017年8月 南丹市)


 動画の再生時間は約55秒です。

 真夏に紫色の花が咲くイワタバコは、谷筋の常に湿り気の多い岩壁などに生育しています。酷暑の昨今、動画で少しでも涼んでもらえればと思います。

 次はダム湖に注ぐ細流で群れていたアユの動画です。湖など閉鎖的な環境で育つアユは大きくなれないようで、体長は10㌢かそれ以下のものが殆どでした。



小アユの群れ(2017年8月 南丹市)

にほんブログ村 小動物ブログへ



 動画の再生時間は約2分18秒です。
 とても浅い小川なので、素手でも捕まえることができそうで、撮った動画を確認している時には童心に戻っていました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

動画・キツネノカミソリとオオキツネノカミソリの花比較

このページではキツネノカミソリとオオキツネノカミソリの花の動画を掲載しています

カート


 キツネノカミソリとオオキツネノカミソリは7月下旬頃からお盆の頃まで花が見られます。特にキツネノカミソリは山麓の草地などで比較的普通に生育していて、群生していることも多いようです。一方オオキツネノカミソリは、関東地方以西に分布しているそうですが、京都府では数の少ない植物です。口丹波地域内では広く分布するものの、点々と少数が生育しているといった感じで、やはり数は多くありません。この2種は開花時期が同じで、よく似ているために混同されることが多いと思われます。

 動画ではこの2種の花を見比べることができます。



動画・キツネノカミソリとオオキツネノカミソリ(2017年8月 亀岡市・京丹波町)


 動画の再生時間は約1分45秒です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 キツネノカミソリとオオキツネノカミソリはよく似ています。オオキツネノカミソリの花自体は確かに名前の通りキツネノカミソリより少し大きいのですが、それだけでは決め手になりません。しかしオオキツネノカミソリの花の特徴が判れば区別は容易です。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

動画・ヤブカンゾウとノカンゾウの花比較

このページではヤブカンゾウとノカンゾウの花の動画を掲載しています。

カート


 ヤブカンゾウとノカンゾウは夏に咲く身近な花のように思えます。しかしヤブカンゾウに比べノカンゾウは稀な野草で、地元では区別されることは殆どなく、ノカンゾウの数は減少傾向にあるようです。京都府ではノカンゾウは絶滅危惧種にランクされています。

 動画ではこの2種の花を見比べることができます。



動画・ヤブカンゾウとノカンゾウ(2017年7月および8月 南丹市・亀岡市)


 動画の再生時間は約1分47秒です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 ヤブカンゾウとノカンゾウはよく似ていますが、花期であれば、慣れれば遠目にも違いが判ります。どちらも山菜として食することが可能だそうです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

動画・コクラン

このページでは野草のコクランの動画を掲載しています。

FC2


 コクランは山地の林床に生えるクモキリソウ属の地生ランです。京都府レッドデータ・ブックでは「要注目種」にランクされ、口丹波地域では稀な植物です。葉は常緑で、新葉に切り替わるのは夏の初め頃です。花は7月下旬から8月中旬頃にかけて咲き、暗紫色の花が花茎にまばらにつきます。結実率は高く、殆どの花が実を結びます。ただラン科の植物なので、種子は適合するラン菌と出会わない限り発芽せず、自生地でも目立って数が殖えることはありません。

 下に動画では、冬季の葉の様子と花期の花をご覧いただけます。



動画・コクラン(2017年2月および7月 南丹市)


 動画の再生時間は約1分01秒です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



コクラン
 茨城県以西の本州、四国、九州の山地に生育する多年草。口丹波地域では山麓の半日陰~日陰の林床で見られ、どこも数株まとまって生えています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

動画・ミズユキノシタ

このページでは京都府内に自生する抽水性植物ミズユキノシタの動画を掲載しています。

カート


 ミズユキノシタは水辺の植物で、口丹波地域では主に山間部の湿地や溜池畔に生育しています。陸上では茎が匍匐し、地面を這うように広がりますが、梅雨時など、水位が上昇すると水没し、茎は立ちあがって草丈30cm以上にもなります。浅瀬なら沈水状態でも枯れることは無く旺盛に生長するので、淡水魚を飼育する水槽などに水草として投入することも可能です。光量がやや強めだと、葉は赤味を帯び見栄えがします。

 下に動画では、抽水状態のものから、沈水状態で育っているものまで、野生のミズユキノシタをご覧いただけます。



動画・ミズユキノシタ(2017年7月 口丹波地域内各所)


 動画の再生時間は約1分29秒です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 ミズユキノシタはユキノシタ科ではなくアカバナ科チョウジタデ属の常緑多年草です。花は夏から秋にかけて葉腋に咲きますが、とても小さくて地味なので見落とされることが多いと思います。しかし葉は日光を強く受けたものほど赤くなり、特に他の植物が枯れた冬場の湿地では、真っ赤な葉がマット状に広がりとても目立っています。山野草としては殆ど注目されることの無い植物ですが、水辺では主役も張れる野草だと思います。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク