コウヤノマンネングサ

このページではコケ類のコウヤノマンネングサを動画で紹介しています。

FC2


 コウヤノマンネングサは深山の林下に生える蘚類で、普通群生しています。よく見かけるのは渓流沿いの、やや薄暗い林床で、常緑なので冬でも鮮緑の美蘚です。コケにしては背丈が5~10㌢ほどもあり、名前がクサ(草)とされたのもよく判ります。

 コウヤノマンネングサは園芸店で販売されていることがあり、山野草としても一定の価値があるようです。またテラリウムに利用されることもあるみたいです。

 動画では、渓流畔で群生するコウヤノマンネングサが、野生ではどのように生育しているかをご覧いただけます。



コウヤノマンネングサ(2017年9月 右京区京北)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 動画の再生時間は1分31秒です。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ミズオオバコ

このページでは沈水植物のミズオオバコの花動画を掲載しています。

カート


 ミズオオバコは沈水性の水草で、水中にオオバコに似た大きな葉を展開し、晩夏から秋にかけて水面上に花を咲かせます。かつては農家に水田雑草として扱われていたミズオオバコですが、除草剤や圃場整備によって全国で激減し、京都府内でも自然度の高い山村の放棄水田や休耕田、小さな湿地など、僅かな場所でしか見られなくなっています。

 動画では、長年稲作が行われていない山間部の休耕田で、ヒシやオモダカ、キクモなどと一緒に生育しているミズオオバコの様子がご覧いただけます。



ミズオオバコ(2017年9月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 動画の再生時間は2分31秒です。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

シコクママコナとシロバナトゲソバ

このページではシコクママコナとシロバナトゲソバの花動画を掲載しています

カート


 シコクママコナは山間部の山麓で時々見かけるハマウツボ科の半寄生植物です。よく枝を分け、花は茎頂や枝先に穂状につきます。花の色は淡紅紫色で、たくさん咲いていなくても結構目立つ野草です。


シコクママコナの花

シコクママコナ(2017年9月 南丹市)


 シコクママコナは四国だけでなく、東海地方以西の本州や九州にも分布しているようです。ミヤマママコナの変種と言われ、ミヤマママコナは花の下部につく苞が全縁なのに対して、シコクママコナの苞は下部に尖った歯牙がつきます。

 動画は群生して咲くシコクママコナを撮りました。花や苞などの様子がご覧いただけます。



シコクママコナ(2017年9月 南丹市)



 動画の再生時間は1分24秒です。


 次はシロバナトゲソバです。タデ科の一年草でママコノシリヌグイの白花品のことをこう呼ぶみたいです。ツル性で多くの枝を出しながら長くのび、2㍍以上にもなります。茎には下向きの刺があり、刺を他の植物にひっかけながらのびているようです。茎を強く握ると痛くて、場合によっては出血します。



シロバナトゲソバ(2017年9月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 動画の再生時間は1分30秒です。

 ママコノシリヌグイは「継子の尻拭い」と書きます。誰が名付けたのか知りませんが、継子はどれだけ憎まれていたのかと、刺を見て恐ろしく思います。ちなみにシコクママコナのママコは継子と違い、ご飯粒を意味しているようです。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

アタ

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク