11月に訪ねた神社

このページでは2016年11月に管理人が訪ねた神社を掲載しています。

カート


 今年の11月に訪ねた神社は6社で、内訳は過去に参拝した神社が3社、初参拝が3社です。


城崎神社

城崎神社(南丹市園部町)


 城崎神社は延喜式内社ではありませんが、奈良時代には城崎神を祀っていたという近隣屈指の古社で、現在は春日四柱を祭神としています。


上木崎春日神社

春日神社(南丹市園部町)


 城崎神社から徒歩10分ほどの同町上木崎町の氏神です。神社の前は閑静な住宅地で、背後には溜池があり、その奥は山が続いています。本殿の彫刻が大変美しい神社でした。


塔の稲荷神社

稲荷神社(右京区京北)


 京北塔町にある稲荷神社は、古墳の玄室の奥に小宮が祀られています。朱の鳥居は朽ちて倒れていましたが、参道の様子などから現在も崇敬を集めている神社だと思われます。


大迫八幡神社

八幡神社(京丹波町大迫)


 旧和知町にある神社です。集落より一段下にあり、周囲は圃場整備された田んぼですが、境内は鎮守の森で、多くの木々が茂っています。


猿田彦神社

猿田彦神社(福知山市大江町)


 遠出して大江町へ行った時に立ち寄りました。猿田彦神社のそばを流れる川は通称五十鈴川と呼ばれ、近くには元伊勢皇大神社などもあります。

 大江町には紅葉を見学に行ったのですが、紅葉スポットの情報を調べずに出かけたので、結局絶景と呼べるような紅葉は見ることができませんでした。そこでもう1社、以前から気になっていた神社を訪ねて来ました。


鬼嶽稲荷神社
鬼嶽稲荷神社(福知山市大江町)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ



 大江山は酒呑童子や鬼伝説が残る山で、千丈ヶ嶽とも呼ばれています。その大江山の8合目あたりに祀られる稲荷神社には、この時期、早朝から雲海を眺めに訪れる人が絶えないそうです。霧がなくても山々の嶺が望めて素晴らし景色でした。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

10月に出会った花(2)

このページでは今年の10月後半に出会った花を掲載しています。

FC2


 前回の記事の続きで、10月15日以降に山野で出会った主な植物です。山野と言っても、今はマツタケのシーズンなので入山できません。殆ど山麓の棚田周辺を歩いていました。


ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ(2016年11月 京丹波町)


 ヤマラッキョウの花は初めてです。是非会いたかった花の1つで、想像していた通り美しい花でした。


サンインヒキオコシ

サンインヒキオコシ(2016年10月 南丹市)


 サンインヒキオコシはこれまで何度も出会っていたと思います。しかし画像に残しても、すべてアキチョウジのファイルに入れていて、ずっとアキチョウジと誤認していました。上の画像のサンインヒキオコシは、アキチョウジとの違いが判ってから初めて出会ったものです。


ウメバチソウ

ウメバチソウ(2016年10月 産地は非公開)


 ウメバチソウも探し出せたらいいなと思っていた花で、予想もしていなかった場所で見つかり驚きました。この植物は現在ニシキギ科に含まれています。可愛い草姿でよく盗採されるようなので産地は伏せておきます。京都府では絶滅危惧種となっています。


ヤマジノギク
ヤマジノギク(2016年10月 京丹波町)

 ヤマジノギクは野菊の仲間の中では大輪の花をつけます。しかし一稔性の植物のようで、開花結実後に枯れてしまいます。ヤマジノギクも京都府内では希少種で、2002年版RDBから絶滅危惧種にランクされています。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 現在、上記の植物はホームページにもアップしています。よろしければ、そちらもご覧下さい。

    ヤマラッキョウのページ  サンインヒキオコシのページ  ウメバチソウのページ  ヤマジノギクのページ

 それから、前回のブロブでは間に合わなかったシソクサのページもアップできているので、よければそちらもどうぞ。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

10月に出会った花と植物

このページでは今年の10月に出会った花とシダ植物を掲載しています。

カート


 10月も半ばとなり、山野で出会う花では白色の野菊の仲間たちや、黄色いアキノキリンソウ、ヤクシソウといったキク科植物が多くなってきました。そのような中でも、今年は初めて出会った植物も数種類あって、現時点までは結構充実しています。


シソクサ

シソクサ(2016年10月 京丹波町)


 シソクサは水田雑草と呼ばれる湿生植物の1つで、京都府絶滅危惧種ですが、特に府中部から南部にかけては少ないようです。


スイラン

スイラン(2016年10月 京丹波町)


 シソクサの生育する湿田周辺にスイランも花をつけていました。スイランもまた京都府絶滅危惧種で府内では希少種です。画像のスイランが生えている場所から数百メートル離れた場所でも、本種の生育が確認できました。またその一帯では、ほかにもウリカワやアブノメ、オミナエシといった府のRDBに記載された植物も見つかっています。


ミツバベンケイ

ミツバベンケイソウ(2016年10月 右京区京北)


 ミツバベンケイソウは府準絶滅危惧種ですが、口丹波地域には比較的多く生育しています。花は結構長く見られますが、一見同じような場所に生えるオトコエシとよく似ているため、見過ごすことも多いと思います。


イヌセンブリ

イヌセンブリ(2016年10月 南丹市)


 イヌセンブリは全国的にも数が少なく、京都府でも絶滅危惧種に指定され、自生地の数も少ないそうです。今月は当地で2ヶ所目の自生地が見つかりました。


ビロードシダ
ビロードシダ(2016年10月)

 ビロードシダは派手なシダではありませんが園芸植物としての需要が高いそうなので、自生地情報は非公開としました。このシダも府絶滅危惧種で府内では数が少ないようです。見た目はよくあるノキシノブに似ていますが、ヒトツバに近いシダ植物です。


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 現在、上記の植物でシソクサ以外はホームページにもアップしています。よろしければ、そちらもご覧下さい。

    スイランのページ  ミツバベンケイソウのページ  イヌセンブリのページ  ビロードシダのページ

 これから秋も深まり、野草の花も徐々に少なくなっていきます。あと何種類の植物に出会えるか判りませんが、歩ける時には精力的に歩こうと思っています。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

プロフィール

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク