小畑の滝

このページでは京丹波町小畑にあった小さな滝を掲載しています。

カート


 山村の社寺を訪ねたり、野草の探索をする中で、初めての場所で、渓流を泳ぐ魚をそっと覗くのも楽しみの1つです。渓流沿いを歩き、大きな水音がするなと思ったら、そこに滝があったりもします。

 少し前のことですが、今夏、京丹波町小畑から安栖里へ通じる山沿いの細い道を走っている時に、こんな滝がありました。


小畑の滝

小畑の滝(2016年7月)


 滝のサイトで探すと、小畑地区には「不動滝」という滝があるらしいのですが、この滝が不動滝かどうかは不明です。


小畑の滝

小畑の滝(2016年7月)


 ちょうど滝壺の上に橋が架かっていて、木々の葉や枝の隙間から滝を見ることができますが、滝壺の所まで下りることはできないようでした。


小畑の滝
小畑の滝(2016年7月)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ



 滝は直瀑ではなく、普段はもっと水量も少なくて、今回は雨が降った後だったので滝らしく見えたのかも知れません。落差は10㍍ほどあったように思います。この日は水量が多かったので結構迫力のある滝でした。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

オミナエシ

このページでは秋の七草のオミナエシを掲載しています。

FC2


 植栽されることも多いオミナエシですが、野生のものは京都府内には少なく、府のRDBでは準絶滅危惧種に指定されています。


オミナエシ

湿った草地に生育するオミナエシ(2016年8月 南丹市)


 残暑が厳しい中でも、時折秋らしい風の吹くこの時期に、穂を出し始めたススキと一緒にオミナエシが咲いていました。

 オミナエシの生育地は、以前に人から教えてもらった1ヶ所だけ知っていたのですが、今回は自分で見つけた初めての場所で、嬉しい発見となりました。


オミナエシ

秋空とオミナエシ(2016年8月 南丹市)


 オミナエシはススキとともに秋の七草の1つです。秋らしい心地よい風景が見られました。


オミナエシ
オミナエシの花(2016年8月 南丹市)

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ



 以前はオミナエシ科という独立した科の植物でしたが、最新の分類体系でスイカズラ科に含まれるようになったみたいです。鮮やかな黄色い花のオミナエシは、山里の草地でとてもよく映えていました。


あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : 口丹波
ジャンル : 地域情報

泳ぐアオサギ

このページでは泳ぐアオサギの画像と動画を掲載しています。

カート


 すぐ近所の水田まで行けば、アオサギはほぼ毎日見ることのできる野鳥です。しかし最近、やはり近所の溜池に頻繁にやって来ては遊泳するアオサギを見て驚きました。


アオサギ

 足が長く、水かきも無いアオサギの泳ぐ姿など、生まれてこのかた初めて目にするものでした。連日の猛暑で、少し頭がおかしくなったのではないかとも思いましたが、観察していると、水上に浮かんだまま静止し、魚を待ち受けているようで、上手に捕食した後は移動して、違う場所でまた静止していました。

 その様子を短い動画で撮りましたので、興味のある方はご覧下さい。




にほんブログ村 小動物ブログへ



 アオサギにとって底に足の届かないような水面に浮かぶのは大きな勇気が必要だったと思います。外敵に襲われた時、素早く逃げられるかという心配もありますが、溜池のアオサギは、近づくとごく普通に飛び立って行ってしまいました。すべてのアオサギが同じように泳ぐかというと、きっとそうではないと思いますが、ネットで探すと、各地で泳ぐアオサギが目撃されているようでした。

あなたのワンクリックで救える命があります。


 

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:アタ
よろしくお願いいたします。

目  次
ページ検索が容易にできます。
関連サイト
口丹波の社
口丹波の花と植物
三枚山の植物
花っていいね!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問いただいた方
企業リンク

ウッドマート

 

 

 

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサード・リンク